アメリカの田舎に留学することの利点と難点

アメリカ留学

アメリカの短期留学・留学を田舎にすることには、以下のような利点があります。
一つ目は、「生活費がかからない」。
ニューヨークなどの都会と比べた場合、当然ながら田舎のほうが物価などは安くなっています。
また、田舎の大学では留学生を誘致するため、奨学金制度などが用意されていることもあります。
二つ目は、「田舎ならではのチャンスがある」。

都会は日本人が多いので、日本語を話せてもあまりアドバンテージにはなりません。
しかし、田舎には日本人が少ないので、いろいろとチャンスが生まれる可能性があります。
例えば、就職の際に日本語と英語が話せる人材として重宝されたり、日本から有名人が来た際に通訳をさせてもらえるなどといったことが考えられます。

一方で、難点としては「ホームシックになりやすい」ということが挙げられます。
もちろん、都会にいてもホームシックになることはありますが、日本人が多いため話し相手を作りやすいですし、遊べる場所も多いので、寂しさなども感じにくいのです。

アメリカ留学アメリカ生活での自炊のススメ

アメリカ留学

アメリカ生活では自炊しないときついと感じました。私はアメリカ留学では、費用を抑えるためホームステイしたのですが、なんせファットファミリーにホームステイしましたので、食事がかなりヘビーでした。「夕飯にピザ!」とかフツーにありましたからね。

私はどちらかと言えば食が細い方ですから、脂っこい食事が正直とてもしんどかったです。ですから、スーパーでマッシュルームや野菜を買ってきて、キッチンで茹でて食べていました。ホストファミリーも、キッチンを自由に使っていいとすすめてくれましたから助かりました。

それに、ホストマザーは「日本人の女の子は食が細いからねー」と、理解があるものでしたから。ですから食事に関しては自由にさせてくれたので助かりましたね。最初こそは、頑張ってホストファミリーと食事をしていましたけれど、私が提案してからは別メニューで食事していましたので。でも、仲はいいんです。それで関係性が悪化とかはなかったので、自炊を言い出して良かったと思いました。

アメリカ留学で学べること

アメリカ留学

最近では企業の国際化が進み貢献できるようにするために海外留学の需要が高く、最適な方法を決めて今後の人生につなげると効果的です。アメリカは英語を公用語として用いますが、多くの企業があることやヨーロッパなどから伝わった文化があるため興味を持って体験すると様々な情報を知ることができます。現地に行く時は飛行機代などがかかり、生活をするためにはホームステイや学校の寮を探すと他の方法よりも安くて安心して行動できて便利です。

ロサンゼルスへの語学学校留学は現地の住民とのコミュニケーションができ、英会話を上達しやすくチャンスを活かすと今後の人生につながります。英語は会話や文法などをマスターすると国際的な舞台で活躍でき、大学在学中にアメリカ留学をしてコツをつかむと効果的です。留学はホームステイをすると日系人の家庭に案内されることが多く、気軽に情報交換をすると安心して学べます。

アメリカ留学で学べることは英会話のコツや現地の文化や生活習慣などで、チャンスを活かすと海外で就職など今後の人生に役立ちます。

落ち着いて静かな雰囲気で過ごせる街

アメリカ留学

アメリカにはいろいろな街がありますが、その中でも落ち着いて静かな雰囲気で過ごせるアメリカ留学のブログランキングで、お勧めしたいのがシアトルです。

アメリカの西海岸に位置していて、日本から比較的近いと言う立地条件にあります。この街の特徴は、大きすぎず小さすぎずの街で、しかも街そのものがとてもきれいで静かだと言うところです。生活に必要なものはほとんど手に入りますし、日本への直行便もあるのでいざとなったらすぐに日本に帰ることができます。

物価もアメリカの街の中では比較的安く治安も良いので、生活をするのにはとても便利ですし、留学や旅行をする場合にもお勧めです。

スターバックスの発祥の地と言われているだけあって、街の中には至るところにスターバックスだけでなくカフェが数多くあり、カフェ巡りをするだけでもとても楽しいです。

すぐ近くにカナダのバンクーバーがあるので、シアトルに行ったときにはアメリカの文化とカナダの文化を比較しながら2つの国を楽しんでしまうと言う観光プランもできます。